ときどきスケッチ
ペンスケッチを習い始めて4年。 マイペースで描いていますが、なかなか作品が仕上がらないため、スケッチブログを作成することにより自分にプレッシャーをかけてみることにしました。

プロフィール

rei

Author:rei
横浜市在住。魚座のB型。
最近は、旅先でスケッチを楽しんでいます。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新コメント



おまけ



月別アーカイブ



カテゴリ



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ROYAL WEDDING

バッキンガム宮殿裏のショップでロイヤルウエディングカップを購入。
結婚式前日でしたが、ショップ内は身動きがとれないほど大混雑してました~
公式グッズは、街中で売ってるグッズとは違いとても上品
(お値段も結構いいけど・・・)
カップ_convert_20110502020451

29日はパレードを見ようとパレード開始3時間前にホテルを出発したのですが
地下鉄の駅や道路が封鎖されていて、バッキンガム宮殿になかなか近づけず
やっとの思いでたどりついたのは、ウエストミンスター寺院の近く。
でも、背の高い人ばかりで前が全く見えない・・・・
外人は、背が高すぎ!!
パレードの馬車が到着するのは、見えたけど他は全く見えず・・・

教会_convert_20110502024020

パレードが出発したあと、駅にむかって歩いていると
バッキンガム宮殿方向に人がどんどん向かっているので、とりあえず行ってみることに。
しばらく待ってたらロイヤルカップルが出てきました
豆粒程度しか見えなかったけど。。。旬な二人が見えて結構うれしい

バルコニー_convert_20110502024257


当日、街中で発見したW&C!

ケイトとW_convert_20110502022456 ケイト_convert_20110502021528

うける~






スポンサーサイト

ロンドンは寒いです

ロンドンに来ています。昨日、到着しました。
入国審査に1時間かかり、到着そうそうグッタリ

ロンドンには数回来ていますが、入国審査でこんなに時間がかかったのは初めて!
それに、やたらと質問もされてのも初めて!
ロイヤルウェディング前だから警戒しているでしょうか。

昨日、機内で描いた1枚です。↓

機内食のお味はまあまあ。
最後は、美味しい紅茶で締めようと思ってたのに
ぬる~くて、味が薄い・・・・・
イギリスは紅茶の国でしょうが!なぜ、こんなにマズイ???

BA.jpg

代わりに??シャンパンを飲みまくりました




ポートレート レストラン

春のロンドン旅行で一番美味しかったレストラン「Portrait Restaurant」。
ナショナルポートレートギャラリーの最上階にあるお店で、非常に景色が良く
窓からはビッグベンやロンドンアイにトラファルガー広場が一望できます。

私がオーダーしたのは、前菜に「ムール貝のスープ・・・」メインは「魚料理」
サイドメニューは「マーケットベジタブル」。
「マーケットベジタブル」って野菜サラダの盛り合わせかと思っていたのですが
でてきたのは、小さな人参でした
お料理はもちろんのこと、パンも美味しかったです。

ちょうど帰国日のランチにこのレストランに行ったので、私たちはラフな格好だったのですが
隣のテーブルには、白髪の英国紳士がスリーピースをビシっと着ていました。
ランチといえどもTPOをわきまえないと・・・・・恥ずかしかったです

ナショナルポートレート




フィッシュ&チップス

ロンドン ミレニアムマイルにある美術館「テートモダン」のカフェでフィッシュ&チップスを

いただきました。

ちょうどお昼時のため混んでいて、しばらく並んだ後に案内されたのは窓際の席!ラッキー

とっても眺めがが良く、テムズ対岸が一望できます。

店内もスタイリッシュな雰囲気で、お味もGOOD。お魚の衣が驚くほどサックサク!!

ロンドンへ行く方にはおすすめのカフェです。


tate modern






奮発してシャンパンティー

5年前のロンドン旅行の時には行けなかったブラウンズホテル。
今度こそ絶対にブラウンズホテルでアフタヌーンティをと思い
出発前からしっかり予約して、今回ようやく行くことができました

このホテルは創業1837年とロンドンでも屈指の歴史を誇るトラディショナルなホテルで,
アガサ・クリスティの小説「バートラムホテルにて」のモデルになってるし、
ユーミンのアルバム「時のないホテル」のジャケットにも使用されています。

お値段は少し高めでしたが、ピアノの生演奏に落ち着いたインテリアと雰囲気はバツグン
ウェイターのサービスもかなりきめ細やかで紅茶も食べ物も無くなるとすぐに気づき、
代わりのものを持ってきてくれます。(いわゆる食べ放題状態)

その上、温かいスコーンはフワッフワでほどよくシットリ感もありと~っても美味しかった!!
今まで食べたスコーンの中で1番!
ほんのり甘いクロテッドクリームも超絶品!!!!
シャンパンティー50

ブラウンズホテルは15時から予約していたのですが、その日はロンドンマラソン観戦のため
お昼ゴハンを食べる時間がなく空腹状態でホテルに到着。
案の定、サンドイッチを連続3皿食べてしまいました・・・・・

帰りにお土産にホテルオリジナルブレンドのリーフティを貰いました。
この気遣いもチョット嬉しい・・・・・
リーフティ★






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。